どうも!kokiです!

今回は情報発信する際に必要な媒体を紹介していきます。

1つの媒体だけで発信するよりも、

いくつもの媒体で発信する方がそれだけ自分の発信した情報をみてくれる人は多くなります。

 

 

媒体1 facebook

 

 

 

 

facebookはSNSの中でもかなり強力な媒体です。

僕自身もfacebookで情報発信をしてかなりの額を稼いでこれました。

 

 

 

facebookの特徴

 

 

facebookは全世界で17億人のユーザーがおり、

日本国内だけでも2400万人にいます。

さらにビジネス面においてもfacebookは

自分の名前や年齢、顔などさらけ出す性質があるので、信頼性が高いです。

 

 

 

facebookから集客した顧客は質がいいのが特徴的です。

年齢層も割と高めでもあります。

 

 

 

媒体2 Twitter

 

 

 

 

Twitterも僕自身がビジネス始めた時はかなり活用していました。

今でもTwitterをメインの集客媒体として活用している人は多くいます。

 

 

Twitter特徴

 

Twitterは国内では4000万人のユーザーがいます。

Twitterはfacebookと違い、アカウントをいくつも持つことが可能です。

そのためアカウントを10個くらい持って情報発信している人もいます。

 

 

しかし、Twitterの場合は年齢層が若く、

facebookと違い自分をさらけ出さなくてもいい(名前、顔)ので、

質が悪い場合があります。

 

 

例えば、アポイントを取ったのバックれたり、

礼儀礼節がなっていない人も中にはいます。

しかし、Facebookなどに比べてSNSの中では1番アポイントが取りやすい媒体です。

 

 

 

アメブロ

 

 

アメブロは無料ブログの中では1番有名なブログです。

ユーザー数も多いですし、芸能人なども活用しているブログです。

 

 

アメブロ特徴

 

 

アメブロの場合は稼ぐ系以外の情報発信をする際にかなり便利な媒体です。

ブログのジャンルを分けることができるので、

そのジャンルに興味のあるユーザーがダイレクトに

自分のブログに見に来てくれることになります。

 

 

 

例えば、ダイエットブログをやっているのであればダイエットに興味がある人が来ます。

興味がある人が見にくるので、質の濃い読者を集めやすいです。

 

 

youtube

 

 

 

youtubeもかなり情報発信には有力です。

動画や音声のが文字よりも伝わりやすく信頼性があります。

 

 

youtube特徴

 

youtubeで人を集めるというよりはyoutubeにアップした動画、音声などを、

他のSNSで発信するのがいいです。

最初は文章でうまく伝えることができなければ動画をうまく活用してください。

 

 

文章<音声<動画

 

 

この順に伝わりやすさ、信頼性が高いです。

顔見せが嫌な人は音声だけでも最初は十分です!

 

 

 

まとめ

 

他にもSNSはありますが、

最低限今回挙げた4つの媒体は登録しておくようにしてください。

この媒体を活用していくことで、多くのリストを集めることができ、

多くのお金を稼ぐことができます。

 

 

僕以外にもネット業界で成功している人は

これらを活用しています。

 

 

あなたもまずはこれらの媒体を用意して、

情報発信の準備を整えていきましょう!!