どうも!kokiです!!

僕は朝起きてから作業に入る前に準備運動をします。

準備運動といってもラジオ体操のような体を動かす運動ではありません。

 

 

やる気を出すための準備運動です。

やる気を出すことで集中力も高まりますし、

作業のパフォーマンスを最高に高めてくれます!

 

 

今回はやる気を出すための準備運動をして、

あなたを最高の自分に仕上げる方法をご紹介していきます。

 

 

 

やる気の準備運動のメリット

 

この準備運動をするのとしないとでは全然作業効率が変わってきます。

実際僕は寝すぎてしまってお昼に起きてしまったときなんかは、

1日がもったいないのですぐに作業に取りかかります。

 

 

すると決まって集中力が続かなくなり、

気づけばyoutubを見てしまったり

スマホでゲーム(ツムツムなど)をしてしまったりします。

 

 

準備運動をしたときだと、

むしろ作業がやりたくて身体がうずうずしてきます。

そして作業に取り掛かると気づけば数時間集中が切れずに作業しています。

 

 

 

この状態のことを「フロー状態」と心理学では言います

スポーツ選手はよくこの状態に入り最高のパフォーマンスを発揮します。

例えば野球選手がでボールを打つときにボールがゆっくり見えたりするのも

このフロー状態のときです。

 

 

 

 

 

ではあなたがこのフロー状態になり、

作業効率を最大にして最高のパフォーマンスを発揮するのには

どうすればいいか?

やる気の準備運動をすればいいのです!!

 

 

 

準備運動の方法

 

パフォーマンスを最大にするうフロー状態を作るためには

「セルフイメージを高める」必要があります。

 

 

 

セルフイメージというのは自分自身に対するイメージです。

セルフイメージは本来何かを成し遂げたり、達成した際に自然に高まります。

例えば、東大に合格したら

「自分は東大に合格した!すごい!」というようにイメージが高まります。

 

 

 

 

これを自然にではなく意図的に高めていくのが、

やる気の準備運動の役割です。

 

 

これから具体的に準備運動の方法を紹介します。

 

 

スポーツ選手が試合前にイメージトレーニングをするのを聞いたことありませんか?

サッカー選手が点を決めるイメージを試合前にしたりするのも、

セルフイメージを高める方法なのです。

 

 

脳というのは現実と想像(イメージ)の区別できません

例えば梅干しを食べているところを想像すると実際には、

食べていないのに唾液がでてきます。

 

 

 

このように区別ができないので、

理想のイメージをすることで、

あたかもそれを現実で起こったように感じ、

身体の中では自律神経が働き、ホルモンが分泌されます。

 

 

 

 

スポーツ選手がイメージトレーニングすることで、

実際に試合で勝利を決めたときの喜びを事前に味わい、

興奮状態に持っていくことで試合前からやる気を最大限にできるのです。

 

 

 

僕はスポーツ選手のように頭の中だけでイメージするのではなく、

本や映画、ドラマなどで自分のセルフイメージを上げていきます。

 

 

映画を見終わった後に映画の主人公みたいな振る舞いをしたくなったりしたことないですか?

恋愛映画を見ると恋愛をしたかのようにキュンキュンしたりしたことないですか?

これも映画を見ることで脳は

自分がその映画の中のストーリを体験している錯覚におちいります。

 

 

この錯覚をうまく活用するために

僕は作業をする前には起業家の本を読んだり、

映画を見たりします。

 

 

映画であればfacebook創設者のマークザッカーバーグを主人公に描いた

「ソーシャルネットワーク」を見てます。

これを見ると早くパソコンに触りたくなってきます。笑

 

 

 

 

ドラマであれば小栗旬がIT社長を演じた「リッチマン・プアウーマン」がおすすめです!!

 

 

まとめ

 

 

このように仕事をする前にちょっと準備運動をするだけで、

作業効率は全く変わってきます。

 

 

一流のスポーツ選手、ビジネスマンは必ず

イメージトレーニング→セルフイメージを高める→最高のパフォーマンス→最高の結果を出す

この流れで人生を結果を掴み取っています。

 

 

結果を出すための一番最初がやる気の準備運動(イメージトレーニング)です。

あなたも最高の自分を作り上げて、

最高の結果を出してください!!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

自由に生きるための術をこれからも発信していきますので、

応援よろしくお願いします。

応援の印にしたの画像を押していただけると幸いです^ ^

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓