どうもkokiです。

 

 

メルカリなどのフリマアプリは

出品者とユーザーが簡単にコメントを

交わすことができますよね。

 

 

購入前に気になる点を気軽に聞くことができるという

良い点もありますがコメントばかりで

返信がめんどくさかったたり、

コメントの返信をしたのにその後連絡がなかったりと

マイナスに働いてしまう時もあります。

 

 

購入希望で値下げ対応したにも関わらず、

その後音信不通になる人もいます。

これが一番迷惑ですよね。

 

 

こうなってしまったら諦めるしかないの?

って思うかもしれませんが、対策はあります。

 

 

コメントした人の商品ページをチェック

 

 

値下げ対応したにも関わらず返信がなかったり、

取り置きしたのにその後購入せず何も連絡がなかったりと、

ネットだからと軽率な行動をとる人もいます。

 

 

こんな時に一番効果があるのが

コメントした人の商品ページに行って、

その人の出品している商品にコメントします。

 

 

コメントはこんな感じでします。

「ご連絡がなかったのでこちらから失礼します。

購入希望とのことで取り置きしております〜ですが

ご購入はいつになりますでしょうか?

返信お待ちしています。」

 

 

さすがに自分の出品している商品にコメントがあれば、

気づいてコメントを確認します。

 

 

僕自身も連絡がなかった時は

このように対応しており、

かなり効果は高いです。

 

 

値下げのタイミングに注意

 

 

メルカリで値下げ交渉はだいぶ根付いており、

購入する前に値下げできるかどうかは

必ずと言っていいほど聞いてきます。

 

 

その時に値下げするタイミングを間違うと、

値下げしたにも関わらず購入されないということに

なりかねません。

 

 

値下げをする時は必ず

「今から値下げしても大丈夫でしょうか?」

聞くようにしてください。

そして、相手から返事がきてから値下げをします。

そうしないと値下げしてもその後返信がなく、

値下げした意味がなくなってしまう可能性があります。

値下げ交渉がうざったい時

 

 

値下げ交渉のコメントばかりきて、

うざいな〜って思う場合は

あらかじめ商品説明に値下げ不可と書いておくのもありです。

あらかじめ書いておけば値下げについて

コメントしてくる人もだいぶ減ります。

値下げ以外のコメントで

商品についての質問は返答したら、

説明文にも加えるようにしましょう。

 

 

例えば、カメラの画素数を聞かれたら、

説明文にも追加で画素数を書いておきます。

そうすることで同じ質問がくるのを避けることができます。

 

 

まとめ

 

メルカリのコメントは少し工夫するだけでも

コメント逃げを避けることができたり、

面倒なコメントのやりとりを避けることができます。

 

 

今回お伝えしたことをぜひ実践して

効率よくコメントのやりとりをして

メルカリで販売をしていってください!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。