どうもkokiです。

 

0円仕入れの方は相変わらず、

順調に仕入れもできており、

利益もそこそこあげております。

 

 

仕入れも販売もかなり簡単にできるので、

全て自分ではやらずに半分外注化もさせています。

なので0円仕入れに関しては

半自動で利益をあげることができています。

 

 

自動化しやすいビジネスモデルなので、

どんどん自動化の仕組みも強化していきたいと

考えているのですが、そうなると

アカウントを増やていく必要があります。

 

 

1アカウントでレビューを月に10個書くよりも

2アカウントで月に5個ずつ書くほうが、

アカウントが規制されるリスクも減りますよね。

 

 

そこで僕なりにAmazonのアカウントを

作成する方法を考え出しましたので

お伝えしていきます。

 

 

アカウント作成は簡単だけど注意が必要

 

Amazonアカウントを作成するには

メールアドレスがあれば簡単に作成できます。

なので、GmailやYahooメールのような

フリーアドレスを量産すれば

その分アカウントは作成できてしまいます。

 

 

しかし、作成したとしても、

名前はともかく届け先の住所や

クレジットカードが同じだと

複数アカウントがバレてしまい

アカウント規制になります。

 

 

ちなみにAmazonでは、

購入用と販売用の2つを持つのはいいですが、

購入用2つ、販売用2つなどを

複数持つのは禁止です。

 

 

では複数所持がバレないために、

どのようにしていけばいいのか?

 

 

住所、支払い方法対策

 

名前を親の名前にして、

住所を同じにするというのも

一つの手ではありますが、

一番有効なのは最寄りのコンビニの住所で

受け取るようにすることです。

 

 

Amazonではコンビニ受け取りが

可能なのでコンビニで受け取るように設定すれば、

同じ住所だと怪しまれることはありません。

 

 

住所についてはコンビニ受け取りで

最寄りのコンビニの住所に設定すれば、

複数アカウント対策はOKです。

 

 

では支払い方法についてですが、

支払い方法は違うカードを使用する手も

ありますが一番いいのはAmazonギフト券で

商品を購入することです。

 

 

Amazonギフト券はコンビニでも

売られており下記のようなものです。

 

 

 

こちらを購入して、

Amazonの画面で購入したカードの

番号を入力すればギフト券で支払いが

できるようになります。

 

 

ここで僕自身もつい最近知ったことですが、

Amazonギフト券はコンビニで購入する際、

クレジットカードで購入ができません。

 

 

しかし、クレジットで購入できる方法があります。

 

 

Amazonギフト券はセブンイレブン

 

Amazonギフト券はコンビニであれば

どこでも売っていますが、

クレジットで購入したい場合は

セブンイレブンであれば購入できます。

 

 

どうやってやるのかというと、

セブンイレブンの電子マネーnanacoを使います。

 

 

 

 

nanacoはクレジットカードからチャージすることが

可能なのでクレジットでチャージして、

Amazonギフト券をnanacoで購入すれば

実質クレジットで購入できたことになります。

 

 

なのでクレジットカードでAmazonギフトを

購入したい場合はnanacoを作っておいてください。

 

nanacoを作って住所、生年月日等の登録が

数日で反映されますので反映されれば、

クレジットカードのチャージが可能になります。

 

 

まとめ

 

0円仕入れは無在庫転売の時のように

非常に簡単にできてしまうので、

外注化しやすいビジネスモデルです。

 

 

しかし、Amazonアカウントの規制という

壁があるのでそこを突破するために

今回のようなアカウント対策をすることで

リスクを抑えながら取り組めます。

 

 

ただ、無在庫同様にグレーではありますので、

規制が強まっていつできなくなるかわかりません。

 

 

なので0円仕入れはサブの収入源として、

メインは別の転売等でホワイトな稼ぎ方で

長続きするビジネスをオススメします。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次回おまいしましょう。