どうもkokiです。

 

 

僕は以前は究極の人見知りで

大学入学しても友達が全然できませんでした。

 

 

なので、友達がやっとできた頃には

サークルの新歓も終わってしまい、

好きなサークルにも入ることができな状態でした。

 

 

好きなサークルに入れないとか、

友達作りに一苦労するのはまだいいですが、

僕が一番困ったのは女の子と話せないことでした。

 

 

女の子がいる飲み会に行っても、

話しかけるまでに1時間以上かかり

話しかけた頃には飲み会も終盤で

結局まともな話ができず、連絡も交換できず、

虚しく電車に揺られて帰っていました。

 

 

これだけは何としてでも克服したいと思いました。

そこから努力して今では普通に女の子と

話せるようになりましたし、

初対面でも好印象を持たれるようになりました。

 

 

今回は僕が人見知りを

克服するためにやったことを

お伝えするのでぜひ参考にしてください。

 

 

克服法1 本

 

 

書店にいくと人見知りを

克服するための本は多数あります。

僕もそれらの類の本を読みましたし、

心理学や恋愛本も読みました。

 

 

心理学系の本だと相手の気持ちの理解や

自分の感情をコントロールする方法を

学ぶことできます。

 

 

恋愛本はピンポイントで異性と話すときのポイントや

振る舞いであったり、女の子が自分に

好印象を持った時の行動など書かれているので

普通に読んでいても面白いですし

異性を理解するのにかなり役立ちます。

(結構恋愛本通りにやってみるとうまくいきます。笑)

 

 

克服法2 話のパターンを決めておく

 

人見知りの人はいざ異性を目の前にすると

何を話したらいいのかわからなくなります。

 

 

なので、あらかじめ話すパターンを決めておくといいです。

ホストやキャバ嬢も

「どこから来たの?」「仕事はなにしてるの?」

という感じでだいたい最初に話す内容は決まってます。

 

 

同じように異性と話す時のパターンを

決めておけばいいのです。

 

 

一番最初の話し出す時がハードル高かったりするので

そこを簡単に乗り越えるためにもパターンを

作っておきましょう。

 

 

克服法3 話そうとしない

 

人見知りの人でよくある間違いが

自分が話さないといけないと思ってしまうことです。

話すのが好きな人はいいですが、人見知りの人は

話すのはそんな上手くないですよね。

 

 

僕も話すのはうまくないですし、

ホストのようにユーモア溢れるトーク術は

持っていないです。

 

 

それでも好印象を持たれるのは

自分が話そうとしないからです。

 

 

つまり話すのではなく聞くに徹するんです。

話し上手は聞き上手というように

話すの上手いと思われる人は

実は話しが上手いのではなく

相手に話させるのが上手なんです。

 

 

なので自分が話さないといけないと思うと

トークスキルを磨かないといけないので

ハードルが高くなりますが、

相手に話してもらうようにするのは

誰でもすぐにできます。

 

 

相手に話させるためには

2つ目に紹介したパターンを作って、

相手に質問させてあげればいいのです。

 

 

自分が話すのではなく相手に話させるということを

意識するだけで「自分が話さなくてもいい」という

気持ちにも余裕ができます。

 

 

それに実は異性からすればペラペラ話す人よりも

しっかり話を聞いてくれる人の方が

好印象を持たれます。

 

 

 

まとめ

 

今回お話しした方法を実践して

僕は人見知りを克服して、

異性とも普通に話せるようになりました。

 

 

もちろん数をこなすということも

大事ですが何も意識せずに数だけこなしても

なかなか人見知りは克服できなかったりします。

 

 

人見知りを克服したければ

まずは今回お伝えした事を

実践してみてください。

これだけでも大きく変わってきます。

 

 

最後までありがとうございました。