どうもkokiです。

 

 

今回は誰に何を伝えていくべきなのか?についてお伝えします。

ここはあなたがブログ、メルマガを書く基盤となるところであり、

これがはっきりしない限りブログ、メルマガを書いても意味がありません。

 

 

基盤をつくってから発信していくようにしましょう。

ではこちらの動画からご覧ください。

 

 

 

誰に言っているの?

 

あなたはブログ、メルマガを誰に向けて書こうと思っていますか?

ここをはっきりさせないと誰にも響かない文章を書いてしまい、

あなたのブログ、メルマガを読もうと思う人はいなくなります。

 

 

しっかりと誰に伝えるのか、ターゲットを決めていくことで、

ターゲットに響く言葉を選択して文章を書くことができます。

 

 

例えば、サラリーマンや学生をターゲットにしているならば、

「会社員として働き続ければ、自分のやりたいことも好きな時にできないし、

縛られた人生を一生送っていかなければいけない。」

というようなことを言えばサラリーマンやこれから就職しようとしている学生に響きます。

 

 

つまり、読んでいる人に「自分のことを言っているんだ」

当事者意識を持ってもらわなければいけません。

人は自分のことでないと絶対に行動しません。

他人事だと思っているうちは行動しないので、

いかに当事者意識を持たせるかが重要になってきます。

 

 

当事者意識を持たせるテクニックとして

コピーライティングのスキルを用いていくのです。

 

 

何を伝えていけばいいのか?

 

当事者意識ももってもらえるように

ターゲットに響く言葉を使っていくというのはわかっていただけたと思います。

 

 

当事者意識を持ってもらい、

最終的にあなたが販売する商品を買っていただく必要があります。

ターゲットがあなたの商品を買おうと思うためには、

ベネフィットをイメージさせることがポイントです。

 

 

ベネフィットとはその商品を手にして得られる未来のことで、

これがイメージできることによって感情が動いて行動に移ります。

 

 

なので、具体的にベネフィットをイメージさせて、感情を動かしていってください。

それをイメージさせるためにはずっとお伝えしているように

ターゲットに響く言葉を使うことでイメージしやすくなっていきます。

 

 

まとめ

 

ブログ、メルマガを発信する基盤として、

ターゲットをしっかり決める事が大事です。

 

ターゲットがはっきりしなければ誰に向けて

どんな言葉を使っていいのかもわかりませんよね。

これらの基盤が整うことによって、

ターゲットに当事者意識を持たせて感情を動かしていくことができます。

 

 

しっかりと基盤を整えて、

ターゲットに響く発信をしていきましょう。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。