どうもkokiです。

 

 

本日は文章を書く上での心構えということで、

AKBを例にとって説明していこうと思います。

 

 

まずこちらの動画からご覧ください。

 

人気者の条件とは?

 

AKBといえば未だにファンが多くいて、

総選挙なんかやると大盛り上がりになっていますよね。

僕自身も東京にいた頃は数回AKBの劇場に見に行ったことがあります。

 

 

こういった人気者には必ずあるものがつきまといます。

それはアンチです。

アンチというのは反対者のことでありAKBのことで言えば、

AKBを批判したりする人のことを言います。

 

 

人気があるがゆえにアンチがいることは避けられません。

しかし、アンチがいるということは逆に言えば

ファンも多くいるということです。

 

 

つまりアンチができる=人気者になった証でもあります。

AKBに限らず人気者には必ずその人のことが好きな人もいれば

嫌いな人も必ず出てきます。

 

 

万人から好かれるということは100%不可能です。

 

 

万人受けを狙っているうちは上へいけない

 

 

あなたが文章を書く時にも万人に向けて書いていては誰にも響きません。

しっかりターゲットを決めて、

そのターゲットに響く文章を書いていく必要があります。

 

 

しっかりとターゲットに響く文章がかけていれば、

そのうちあなたにもアンチが現れてきます。

なぜならターゲット以外の人にとってあなたの文章は響かないですし、

むしろ反感を買うこともありえるからです。

 

 

脱サラしたいサラリーマンの人をターゲットにしていれば、

「脱サラした方が自分の使える時間、お金が増えて幸せな人生になれます」

と書けば脱サラしたい人には響きます。

 

 

しかし、サラリーマンとして一生懸命働いてそれを

誇りに思っている人からすれば反感を買うことになるでしょう。

 

 

でもアンチが出てくるからと言って、

当たり障りない面白くない文章を書いていると、

誰にも響かずあなたのブログ、メルマガは読まれないので

お金を稼ぐことはできません。

 

 

芸能人も批判されたりする覚悟がなければやっていけません。

いちいち批判されて落ちたりしていては絶対に上へはいけませんよね。

ネットビジネスでも批判されるのを恐がっていてはお金は稼げませんし、

脱サラなんて夢のまた夢です。

 

 

アンチが出てくるということは、

それだけあなたの文章が読まれているという証なので喜んでください。

アンチが出てこれば逆にあなたのファンもいるということなので

そういったファンの人にしっかり価値提供できるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

初めてブログを書いたりする時はどうしても

当たり障りない文章を書きがちです。

だからこそしっかりとターゲットを意識して

そのターゲットの人に向けて文章を書くつもりで書いてください。

 

 

そして、アンチを恐れることなく

むしろアンチウェルカムというマインドで

どんどん書いていきましょう。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。