どうもkokiです。

 

僕はメルカリ、ヤフオクと両方の販路を

活用して転売をしています。

 

 

複数の販路を持つことで

売れる可能性は高くなるし、

リスク分散にもなるのでオススメです。

 

 

ただし、それぞれの販路にあった

販売方法をしていかないと

売れていきません。

 

 

今回はメルカリ、ヤフオクの

それぞれの販売方法について

説明していきます。

 

 

ヤフオク販売方法

 

ヤフオクは販売形式がオークションと

定額の2パターンあります。

 

この使い分けについては

少し難易度が高くなるので

ここでは説明しませんが、

僕の場合8割定額出品です。

 

 

なのでヤフオクでは定額出品メインで

販売していくと考えてください。

 

 

定額出品で終了日時は

出品した翌日に設定します。

なので出品期間は1日となります。

 

 

そして、自動再出品を3回に設定します。

 

 

自動再出品が3回行われた後は

ウォッチリストの数を見て、

値下げして再度出品するか検討します。

 

 

僕はウォッチリストが

2~3個あればとりあえず

値下げせずに出品しています。

 

 

このルーティンを繰り返して

ウォッチリストは増えても

中々売れないときは

値下げをしてください。

 

 

ヤフオクは基本的に出品したら

後は放置して自動再出品の3回が

終わった後に値下げを検討して

再度出品するというルーティンになります。

 

 

メルカリの場合はヤフオクとは

異なってきます。

 

 

メルカリの販売方法

 

メルカリはヤフオクのように

出品して放置しているだけでは

なかなか売れていきません。

 

 

メルカリは毎日値下げする必要があります。

メルカリは販売価格の1%の値下げをすると

再度タイムラインの上位に表示されます。

 

 

再度上位に表示されれば

ユーザーの目に止まりやすく

売れやすくなります。

 

 

なのでメルカリでは

毎日値下げをしていくことが

ポイントです。

 

 

値下げするので自分の売りたい値段よりも

高値で出品するようにします。

 

 

例えば、25000円で売りたいなら、

27800円で出品して

毎日100円ずつ値下げしていきます。

 

 

メルカリで販売する際はこのように

やっていくようにしましょう。

 

 

このようにヤフオクとメルカリでは

少々販売方法が異なっていくように

今回お伝えした方法を実践してください。

 

 

最後までありがとうございます。

 

 

 

 

P.S  
【LINE@登録者限定サイト提供中】
 
 
サイトでは下記のコンテンツをご覧になれます!
・カメラ転売動画 12本
・売れた商品リスト30
・成功法則動画 8本
・資金集めコンテンツ
・無料相談受付
・追加特典 
無料では手に入れらない情報もここだけでは公開しています。
一定人数に達した場合サイト提供を停止する場合もありますのでお早めにご登録ください。
 
LINE@→@pxj5853p
 
下記をクリック↓↓↓