どうもkokiです。

 

 

本日は仕入れた際の

付属品の有効な使い方について

お伝えしていきます。

 

 

ヤフオクで商品を仕入れると

カメラバッグやガイドブックなど

商品の付属品としてついてくることが

多くあります。

 

 

例えばレンズキットで仕入れて

カメラバッグとガイドブックがついてきたとします。

そのときに普通ならそのままレンズキットとカメラバッグ、

ガイドブックをつけて販売していきます。

 

 

しかし、有効に付属品を活用するなら

カメラバッグやガイドブックは

そのときは一緒につけずに違うときに

付属品としてつけて販売します。

 

 

どういう時にとっておいた付属品を

つけるかというと、

レンズキットを仕入れて付属品は

バッテリ、充電器、ストラップだけのような

付属品がもの寂しい時など。

 

 

そういう時にとっておいたカメラバッグや

同じ機種ならガイドブックをつけてあげることで

高値で売れるようにすることができます。

 

 

また、カメラケースなど

付属品単体でも売れる商品もあるので

そういったものもチェックしていくといいです。

 

 

付属品をつけるかつけないかは

仕入れた商品のコンディションや

元箱、説明書の有無で判断します。

 

 

元箱、説明書があれば

付属品もしっかりあり、

写真でももの寂しく見えないので

カメラバッグ等をつけなくても高値で売れやすいです。

 

 

シャッター回数が少なくコンディションが

いい場合も同様に高値で売れやすいので

仕入れた時についてきた付属品は

つけずにそのまま別の機会のために

とっておいても構いません。

 

 

付属品をどう生かしていくかで

高値で売れるかどうかも関わるので

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次回お会いしましょう。

 

 

何かご質問、相談等があれば

LINE@で受けたまっていますので

気軽にご連絡ください。

 

LINE@→@pxj5853p  

 

 

P.S

 

【LINE@登録者限定サイト提供中】
 
 
サイトでは下記のコンテンツをご覧になれます!
・カメラ転売動画 12本
・売れた商品リスト30
・成功法則動画 8本
・資金集めコンテンツ
・無料相談受付
・追加特典 
無料では手に入れらない情報もここだけでは公開しています。
一定人数に達した場合サイト提供を停止する場合もありますのでお早めにご登録ください。
 
LINE@→@pxj5853p
 
下記をクリック↓↓↓