どうもkokiです。

 

カメラ転売を始めた時に比べて

今では赤字になることもだいぶ減った。

月に赤字の商品は1~2個程度。

 

 

僕のカメラ転売の方法は

赤字は極力避けた稼ぎ方なので

ここまで赤字を少なくできている。

 

 

それでもやはり赤字が

全くないということではない。

 

 

ではどんな時に赤字になるのか

紹介していきます。

 

 

愚かなミス

 

今では相場が

ある程度頭に入っているので、

相場を実際に見ずにリサーチしている。

 

 

でもそれで相場を間違えてしまうことも、、、

 

 

最近やってしまったのが、

Nikon D5500をリサーチしていたのに

Nikon D5600の相場で仕入を

行ってしまった。

 

 

これが一番やってはいけないミス。

このミスからはただ、

今後間違いないように気を付けましょう

ということしか学べない。

 

 

仕入て売ってみたけど

なかなか売れずに結局赤字になった場合は学びがある。

 

 

学びの少ないミスはやってはいけないのだ。

 

 

コンディションの見間違い

 

これも愚かなミス。

 

 

ヤフオクで仕入を行う際に

商品写真をよく見なかったり

説明文をしっかり

読まなかったことが原因で

コンディションの欠陥を

見逃してしまうことがある。

 

 

欠陥がない商品としてリサーチをしたから

仕入をして欠陥があれば

当然赤字になる可能性が高い。

 

 

特にレンズにカビがあったりなどは

見逃してしまいがち。

 

 

カビがあるかどうか写真で

わからない場合は

出品者にやはり聞くべきだ。

 

 

出してもいい赤字

 

赤字になることがすべて悪いわけではない。

赤字になることでカメラ転売の

経験値を上げることができるからだ。

 

 

上記の2つのような赤字の出し方は

避けてほしいが、

仕入をして自分の予想の売値では売れずに

結果的に赤字になってしまった時は

赤字でも無駄にはならない。

 

 

なぜ赤字になってしまったのか

原因を突き詰めることによって

カメラ転売の経験値があがる。

 

 

カメラ転売で稼げるようになった人は

こうやって赤字を出して経験値を上げている。

 

 

あなたも赤字を出したり利益0を経験することで

カメラ転売で稼げる人になれるので

赤字を執拗に怖がらないでほしい。

 

 

赤字と言ってもせいぜい数千程度で済む。

数千円で学びを得たと考えれば問題ない。

赤字を怖がらず仕入れを行っていこう。

 

 

最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

P.S  
【LINE@登録者限定サイト提供中】
 
 
サイトでは下記のコンテンツをご覧になれます!
・カメラ転売動画 12本
・売れた商品リスト30
・成功法則動画 8本
・資金集めコンテンツ
・無料相談受付
・追加特典 
無料では手に入れらない情報もここだけでは公開しています。
一定人数に達した場合サイト提供を停止する場合もありますのでお早めにご登録ください。
 
LINE@→@pxj5853p
 
下記をクリック↓↓↓