どうもkokiです。

 

 

本日はミラーレスカメラを扱うときの注意点をお伝えします。

ミラーレスカメラは女性や今は若い男性にも

非常に人気の高いカメラです。

 

 

ですがミラーレスの場合、

同じ機種であっても

売れ行き、相場が全く異なることがあります。

 

 

なぜそのようなことになるのかというと

ミラーレスの場合同じ機種でも

色が3種類くらいあるときがあります。

 

 

一眼でも色違いが出ることがありますが

せいぜい2種類くらいで

ミラーレスに比べると断然少ないです。

 

 

僕の経験上、一眼レフの場合は

色違いであっても相場に多少の差があっても

売れ行き自体にはそれほど差がありません。

 

 

しかし、ミラーレスの場合は

色が違うだけで売れ行きも

全く変わってきてしまう場合があります。

 

 

例えばPanasonic LUMIX GF7は

ブラック、ブラウン、ピンクの3種類があります。

この3つの中ではブラウンが需要が高く

出品すると早い段階で売れていきます。

 

 

 

 

ピンクはあまり出回っておらず希少なため

仕入がなかなかできないですが

需要は高いので出品すれば早く売れます。

 

 

しかし、ブラックに関しては

需要がそこまで高くありません。

 

 

売れないことはないですが

売れるまでに時間がかかります。

相場も多少違ってくるので

ブラウンの相場でリサーチして

ブラックを仕入れてしまうと赤字になります。

 

 

なので色が違う場合は

その色の相場を見分けていく必要があります。

 

 

ミラーレスカメラの場合

すべての機種に言えることではないですが

ブラックは他の色に比べて

少し相場が低かったり需要も少ないケースがあります。

 

 

逆にホワイトやブラウンといったカラーは

大変人気なのでミラーレスの場合は

このカラーを狙って仕入れてみるといいです。

 

 

ただ、ブラックでもしっかり相場を読めば

利益を出していけるので

ブラックをすべて避けるのはおすすめしません。

逆にブラックカラーは需要が少ない分

仕入はしやすくなります。

 

 

同じ機種だから相場も同じだと

色違いを考慮せずにリサーチするのは

カメラ転売初心者にありがちなミスなので

注意してリサーチをおこなっていってください。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

質問等があれば気軽に下記のLINE@に問い合わせください。

 

 

 

P.S

【LINE@登録者限定サイト提供中】
 
 
 
サイトでは下記のコンテンツをご覧になれます!
 
 
 
・カメラ転売動画 12本
・売れた商品リスト30
・成功法則動画 8本
・資金集めコンテンツ
・無料相談受付
・追加特典 
 
 
無料では手に入れらない情報もここだけでは公開しています。
一定人数に達した場合サイト提供を停止する場合もありますのでお早めにご登録ください。
 
 
 
LINE@→@pxj5853p
 
 
 
下記をクリック↓↓↓